フリーランスとして自宅仕事をするということ!!

会社勤めをしている人たちは、朝起きるとすぐに今日の天気はどうか、寒いのか暑いのか、雨は降るのだろうかと気にします。

それによって通勤するための服を変えたりするのです。そして遅刻しないように急いで準備しますし、会社にいけば仕事で成果を出すように圧力を受けたり、仕事が終わると、飲みに付き合わされたりすることがあります。こうしたことを経験することが仕事であるというのが日本の社会でこれまでに行われてきたことですが、一方でネット社会が普及してきたことで、通勤することがない自宅仕事ができるようになってきています。

企業であったとしても毎日通勤するのではなく、週に1回は自宅で仕事をすることもアリという取り組みをしているところや、会議はネットでのオンライン会議で済まそうとしています。

このようにIT企業は特にこれから通勤をあまりしなくてよい自宅仕事をすることが増えてくるかもしれません。

とはいえ、そのような会社に所属することなく、フリーランスとして自宅仕事をしている人たちはたくさんいます。

そのような人たちは、仕事を得るために自分のスキルを売り込んだり、サイトで募集があれば提案を出すことにより、仕事を少しでも受注して、そしていい仕事をすることで信頼を得るように努力しています。信頼を得ると、その会社だけではなく、別の会社からも紹介されるようになったりして事業を拡大していくことができるかもしれません。

そのような信頼関係を築くために必要なことは、いつでも連絡がつくようにしておくこと、受けた仕事はどんなものであれ、真剣に果たすことです。それを続けていればより大きな仕事の話をもらうことさえできるかもしれません。

自宅仕事というのは、通勤がないので確かにラクですし、人間関係がほとんどないのでストレスは少ないです。

とはいえ、通勤での会社勤めと違うのは、自分だけでしっかりとやらなければならないということです。刺激を与えてくれる人もいませんし、助言を与えてくれる人も、そして誰かに相談することさえ難しいことでしょう。

そのような意味で、自分自身が強くなければならないですし、堕落したくなる傾向と戦うことは必要なことです。いつもいつも寝坊ばかりするような生活で仕事をしようと思うと、ろくに稼ぐことができなくなってしまうかもしれません。

フリーランスは本当に自由ですが、自分だけで仕事をしていくというのは簡単にはいかないことが確かにあります。